最後の議会が終わりました

2018年5月8日

3月23日、3月議会最終日。わたしにとって最後の議会が終わりました。
1999年から12年間、議員として自治・分権をテーマに活動してきました。2000年4月にはいわゆる地方分権一括法が施行され、分権時代の幕開けと言われました。自治体の政治が変わるちょうど変革期であり、変革は今でも続いています。
最終日は2011年度予算が可決されました。賛成討論を載せましたのでご覧ください。

賛成討論はこちらから→

今回の一般質問は次のとおりです。
◆自治基本条例を活かして参加と公開をすすめよう
 自治基本条例が施行されて1年。市民参加と情報公開を進める観点から、条例を活用し、市民が自治するまちに向けたしくみづくりと取り組みの実施を求めました。

◆「元気村おがわ東」の活用と充実について
 複合施設としてセンターや団体が入っている元気村おがわ東について、市民活動の拠点としてさらに活用され使いやすくなるように、連携と交流を提案しました。

本会議の録画中継をインターネットで配信しています。会議の3日後から次の議会が始まる前日まで、都合のいい時間に自宅のパソコンで見ることがきます。映像は、小平市ホームページ→市議会→本会議の録画配信と進むか、下記からご覧いただけます。

市議会インターネット中継はこちらから