岩本ひろ子、日向みさ子、平野ひろみへのバトンタッチができました

2018年5月8日

 ただでさえ選挙のゆくえは見えないものなのに、今回は大震災への心配とその影響がどう出るのか、ほんとうによくわからない選挙でした。わたしは選挙スタッフの代表として、とにかく3人全員当選をめざしての活動となりました。議員が交代してつなぐことで議会を活性化するネットのローテーションルールについてもあちらこちらで話をしました。
 選挙期間中の反応や選挙結果を見ると、厳しい情勢の選挙戦でしたが、生活者ネットワークという団体名を知っている人が確実に増えていること、生活者ネットワークが小平で20年間積み重ねてきた活動を評価してくださっている人が多いことがわかりました。ローテーションの成功とともにうれしいことだと思っています。
さまざまな意見を議論することで整理し収斂(しゅうれん)させる民主主義をめざし(これは「熟議」という言葉に集約されるでしょう)、生活者ネットワークは今後も地道に活動していきます。みなさんの参加をお待ちしています。